電大TRPG部~考察あれこれ~

大学のサークル活動記録や雑記、その他TRPGに関連したシナリオの考察や、キャラクター考察。他、話し言葉についてや、普段感じたことなどを書き記していく場所です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ねこバトン

ねこバトン Beta
●このバトンは、特定の例外を除いて加害者(バトンタッチした者、以下甲とする)が被害者(バトンタッチされた者、以下乙とする)が所持するブログ、日記、文書等のうち特定の一記事に以下の約款を適用させるものである。
●まず、バトンが適用された記事はねこフォーマットされる。ねこフォーマット形式の文章については以下に記す。
●一つ目は、文章の語尾に「にゃ」「にゅ」「にゃん」等を付け加えること。必ずしも語尾というわけではなく、この場合の語尾とは『キャラ語尾』のことであり、だ・である調の場合「にゃ・であるにゃ」調という風に、です・ます調の場合は「ですにゃ・ますにゃ」調になる。また文中の適用するにふさわしいと判断される場所のな・ぬ・のをにゃ・にゅ・にょに変換すること。それによって著しく文章の景観を損ねる場合などはこの限りではない。
●適用日記・文書の内容自体は普段のもので構わない。当たたり障りが合っても無くてもいい。 縦20文字の原稿用紙換算で、30行(600文字)以上書くこと。
●なお乙の一人称は「我輩」「猫」「にゃー」等、猫を連想させるものであることが望ましい。
●適用日記・文書の最後に1人以上回す人の名前を記入すること。友達が居ないなら構わない。「ちゃん」「さん」「くん」も「にゃ」「にゃん」に変換すること
●乙は、このバトンを過去に適用されたことがあったとしても、バトンが渡される限り何度でもこのバトンを適用されなければならない。何度も。何度も。フハハハハハ、これこそ私の完全呪縛密法「猫天陣」!!!

なんだか浪漫飛行にゃから猫ばとんがきたにゃ!
困ったのにゃ・・・猫語なんてなれてないのにゃぁ・・・
よし、わかったのにゃ!今日は特異語尾についてちょっと書いてみることにするのにゃ~!

特異語尾にゃ!
『にゃー』とか『ですぅ』とか『にょ』とかそういうもののことだにゃん!
語尾はあんまり気にしたいほうにゃけど、でも安直に
 猫だから『にゃ』
がつくっていうのは好ましいものとはいえぬのにゃ~・・・

ここで良く考えて欲しいのにゃ!
猫が『今日は暑いのにゃん♪』というかどうかなのにゃ!
例えば『にゃ~』が言葉だとするのにゃ!
意味は『おはよう』にゃよ?
決して『おはようにゃ』じゃないのにゃー。

猫なキャラなら猫っぽい行動をすればいいのにゃ!
速く動くものに目をきょろきょろさせたり、すぐにあきちゃったりっていう事なのにゃ。
ただ『にゃん』をつけて、この子は猫にゃよ?っていうのは寂しいのにゃー・・・

キャラクター性をつけるには語尾のまえに
 『そのキャラがどういうキャラにゃのか』
これがとても大事だと思うのにゃ!

さてお話はここで終わりなのにゃ!
『TEKにゃ』にバトンは渡す事にするのにゃ!

本日の一言にゃ!(マイキャラ:クク・シャット)
「 にゃん ・・・なんて言って欲しいの? 馬鹿ね。 猫だからってそんな事普通は言わない。 でも仕方ないわね。 今日だけ特別よ?      にゃ~ん♪ 」
スポンサーサイト
  1. 2007/04/27(金) 00:33:24|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シナリオ構築①~花見と月見と歌詠みと より~

今回のテーマは『シナリオ構築』を取り扱って行きましょう。

参照は以前の記事である『花見と月見と歌読みと
さて、ではこれを元にシナリオを構築して行きます。
皆、準備はいいかなー?いいともー!(自問自答)

『注意』(あくまで私個人のシナリオ構築法です。GMによりこれは異なると思いますので、独自法を模索してみようね!)

① システム選択:
 さて、シナリオを作る時案外重要なのがこのシステム選択です。
 どのシステムを用いるか……SWがいいか、その中でもグラードがよいのか。DXにするかアルシャードにするかアリアンロッドにするかETCETC…
 それぞれシステムによって特性がありますから、今回はそうですね……TRPG遊戯会で用いられているグラードの世界観のもの。それとDXをベースに作成していく事にしましょう。

② シナリオベースの設定:
 今回は既に素材があるわけですから、どんなネタがいいやろか。なんて事は考えなくていいわけです。
 一人で行う花見……つまりはこれがベースとなるわけですね。
 では花見の内容のものが元なのですから、内容も皆で花見しようぜYEAH!になるのでしょうか。

 これが、そうでもありません……
 今回このシナリオベースではジャンル決定について考えましょう。
 このネタをベースにしたジャンル……
 では、一旦ここは私の独断と偏見と好みにより、
 『グラード=ギャグシナリオ』『DX=シリアス(ホラータイプ?)』
 と決定することにします。

③ 事件設定:
 事件は会議室で起きてるんだ!の言葉どおり、事件がなければキャラクター達は動く事ができません。
 事件、というのは別に殺人事件や窃盗事件なんていう事ではなく、
 『何か物事がおき、解決しなければならない』
 という物を指しています。
 
 「おじいちゃんが入れ歯無くしたから探して!」

 これでも勿論構わないわけです。

 さて、ではこの事件をどうするか……

 システム『グラード』:
 『毎年何故か皆で集まって花見しようとするんだけど、なんでか待ち合わせ場所に何時も皆“集まれない”んだよ!』

 システム『DX』:
 『主人公核は子供の頃よく見上げた丘の上の桜の木。その木の下で寂しげにそれを見上げる少女の夢を見る。一方街では連続怪死事件が起こり、現場には必ず桜の花びらが一枚落ちている』

 とでもしてみましょう。はい。


さてはて……同じネタによってシナリオが二つ、にここで完全に分かれてしまいました。
このままでは当然、文章量がべらぼーになってよくわかんなくなる事が自明です。
よって、次回はそれぞれ別々にスポットを当て構築していくことにしましょう。

本日の二言(マイキャラ:地代直弥&ニッツ・フゥーガ)
 直弥:「 DXシナリオの時の一言は僕が担当になると思うから、宜しく・・・ 」
 ニッツ:「 僕はどうやらグラードの担当のようですね。宜しくお願いします……あまり、その……得意ではないのですが 」
  1. 2007/04/21(土) 07:35:47|
  2. TRPG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【小説紹介】バッカーノ!

さてはて朝だよー!早朝だよー!
とってもうん、   眠いっす!

若干ハイテンション気味な状況ですが、課題等行っていたせいで時間が時間……
寝るに寝れない状況なのでこの勢いで行ってしまいましょうひゃっはー!

今回は小説紹介!電撃文庫より発売中の『バッカーノ!』シリーズをご紹介していきましょう。

電撃文庫ホームページより紹介文引用:
_____________________________
 
 二百年前に生まれた“不死の酒”を巡って様々な人間達が繰り広げる“バッカーノ”(イタリア語。酒によるバカ騒ぎの意)を描いた物語。

 1930年NY。その裏社会に生きる人々――裏組織“カモッラ”のフィーロとマイザー、泥棒カップル、警部補、マフィアの三兄弟、錬金術師のセラードと助手のエリス――は互いに関りのない生活を続けていた。だがセラードが“不死の酒”を蘇らせた事により、彼らの運命は複雑に交錯していく。
 全く予測がつかない動きでニューヨーク中を転々とする“不死の酒”。
 そして、複雑に絡み合った人間関係の螺旋が収束する時、物語は意外な結末を迎える事になるのだが――。
 第9回 電撃ゲーム小説大賞<金賞>受賞作品ついに登場!

_____________________________

 さて、この紹介文からもわかるとおりこの作品は禁酒法時代をベースにした作品です。
 不死の酒を巡る人間ドラマ。
 誰が主人公なんだおい!な魅力的なキャラクター達。
 そして、読み口爽やかな軽快な文章が魅力的です。

 えぇ……軽快なんです!
 犯罪組織であるマフィアやカモッラ、泥棒カップルなどなどでてくるにも関わらず、重苦しくないのです!
 ラノベなんだから当たり前、なんて言ってはいけません。
 軽快であり、気がつけば最後まで読み終えているという文章は中々お目にかかれるものではありません。
 
 バッカーノ、という言葉どおりの馬鹿騒ぎ!むしろ馬鹿!
 素敵で無敵な馬鹿達でいっぱいです。
 
 ラノベを読んだ事がない……という人には間違いなくお勧めできますし、最近のラノベはどうも……な人にもまたお勧め。
 
 奇想天外四捨五入な馬鹿騒ぎを求めて後楽園遊園地で僕と爆死ってな勢いですよ。
 読めば元気になれる事請け合いのこの作品ですが……

 さて、なんでTRPGブログで紹介しているのでしょうか。

 理由その1:
 『ジャグラド、フィレッツェなどの自キャラがバッカーノのキャラを元に作られているため』

 理由その2:
 『以前組んだシナリオがバッカーノ1931鈍行編特急編を元に作られた』

 理由その3:
 『単純に好き』

 理由その4:
 『いや好きなんてもんじゃないこれは愛だ!』

 理由その5:
 『愛だ!いやむしろ哀だ!そう、愛とは哀の裏返しでありまたそれは奇異な合であり巡り巡る逢であり一期一会の間である!なんでおサルさんがアイアイなのかよくわからんが奴らは愛か愛なのか!』

 理由その6:
 『……理由その3まででいいんじゃない?というか5……何?』

 等の理由からです。

 ちなみにジャグラドはライグルという種族で、耳と尻尾がついたようは獣人。
 その中でもジャグラドは虎の耳と尻尾がついています。
 『ラッド』というバッカーノに登場する殺人享楽な素敵人を元にしているのですが、泣き虫不良団のボス『ジャグジー』を組み合わせて、とても温厚なハイテンション馬鹿にしたてあげました。
 ジャグジーとラッドでジャグラド……安易です。はい。
 フィレッツェはナイフ使いの自称カモッラ所属のカエルです(以上)

 バッカーノ!―The Rolling Bootlegs

 是非、ご拝読のほどを!

 本日の一言(マイキャラ:ジャグラド):
 「いーーーーーーーーーーよぉーーーーーーーーーー!!今日から友達の親友のパンヤオのアミーゴの心の友でマーイフレーンドだぜぃぜぃ? ごあいさつーするっぜーぃ? おれーにまーっかせーるぜーぃ♪ 」(尻尾♪マークでふりふり)
  1. 2007/04/21(土) 05:45:07|
  2. 小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

てく流米術より引用な、自分流米術!~広げよう米の輪~

今回は米、なる物について書いていきましょう。
えぇ書いていきますとも!

てく流米術

今回はここより引用!
なんとなくかるのん辞典として言葉を引用していただいたので、引用返しなわけですはい。

さて、米についてはてくさんのブログ、Nakedを参照していただくとして、自分の中での米術……について書いていきましょう。

___________________________

 米とは先の引用先で述べましたとおり、ラブコメから作られた言葉です。
 プレイヤーキャラクター。PCでおこなわれるラブコメ。
 となると、まず米を語るためどうしても外せないのが恋愛とは何か、です。

 大辞泉によりますと、
『 特定の異性に特別の愛情を感じて恋い慕うこと。また、男女が互いにそのような感情をもつこと 』
 と、なっています。
 特別の愛情を感じ慕ったとき、初めて恋愛が成り立つ。
 ここで注目となるのが、『また、』という言葉です。

 どちらかが成り立っていれば良いのですから、つまり恋愛とは双方向の存在ではなく、一方通行であれど恋愛は成り立つといえます。
 片思いであれど恋愛、両思いであれど恋愛……
 
 ならば、キャラが他のキャラに対し特別な愛情を感じ恋い慕ったとき、米の要素であるラブが満たされることになります。
 ラブです。愛です。恋です欲望です情欲です劣情です(違
 まぁそれはさてと置いておきましょう!

 問題となるのは、個々のキャラが恋愛感情を抱いた時点で米が始まっている。 ここです。
 つまり恋人になる必要はなく、そっと電信柱の裏からはぁはぁ言いながら見つめるだけで米としてのラブの要素が満たされるわけです。
 
 しかし……この時点までで語られたことは、片思いでも米である。
 この点だけです。
 何せ、かるのん辞典により『米とは!』は書かれ尽くしてますからなはっはっは。
 
 ただ、ここで一つ言わせていただきたい事がある。
 恋愛とは“特定の異性”に対してのものです。
 薔薇 とか 百合 とかはどう考えても同性です!
 よって、同性愛的恋愛、つまり同性米はコメディではあるかもしれないが、決してラブではない!
 つまり、ラブコメの名を持つ米はとしては成立しない!
 長々と書いておきながら、言いたいのは、提唱したいのはただ一つ!



 『米に続く言葉、そろそろ作りません?』



 花(薔薇と百合だから)とか!
 羅武!略して羅とか!
 パン(パンがなければお菓子を食いやがれ)とか!

 同性愛的米は否定はしませんが、肯定もしきれません。
 そしてそれを忌み嫌う方々もおります。
 そのための配慮という名の新たな言葉。

 ……米以外に沼しかないから沼を目立たせないため、とはいいません。
 ……いいませんよ?ほんとだよ?
 そのために無理な論を続けたとかいいませんよ?

 ほんとだよ!信じてよ!!え、ちょ、待っ …… 
 
 
 
 ……沼はもう嫌じゃーー!!!


 
  1. 2007/04/20(金) 01:56:40|
  2. TRPG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花見と月見と歌読みと


「 一人で花見をするのは寂しいから嫌だ 」

 そんな話を先日聞きました。
 私は特にそのような事はなく、

「一人の花見もいいもんだよ!楽しいよ!」

 などと思ったわけですが、皆さんはどのような感想をお持ちでしょうか。
 例えばそうですね、ここで一つ想像をしてみましょうか……

_____________________________

 空を見上げてみる。
 空には満天の星が煌めき、煌々と輝く月が闇夜を照らし出している。
 その場所には古びたベンチが一つ……そしてその横に寄り添うように、薄明かりを紡ぐ外灯が佇んでいた。
 外灯は寿命なのか、それとも汚れが酷いのかとても薄暗い。
 だがその輝きは月灯りをより鮮明に栄えさせ――あぁ、一人なのだ、と自然に受け止めることができる。
 その月と星と外灯に彩られるのは、ただ一本だけそこに生き続ける桜の木。
 誇示するように、秘めやかに……
 ただそこにはその桜だけがあった。
 桜の薄紅色の花びらは彩る光に透け出でて、まるで自ら輝いているかのように空を白く染め上げる。
 一人、手元のカップ酒を呑みながら、ただ一つの桜をぼんやりと見つめた。
 花びらが一枚、ひらり……
 目で追えばそれはカップ酒へと落ちゆき、その酒に揺れる。
 そこではたと気がついた、酒に落ちたのは花びらだけではないことに。
 桜の花と、逆さ月。
 そして自分のその瞳。

____________________________

 ってなもんです。

 一人花見、いいなぁ……久々やりたいなぁ……ってところで一句!

『 さかずきに ゆれる夜桜 手酌酒 風に香るは 日々のせつなよ 』
 まぁ、TRPGのサイトでなんでこんな記事を、といいますと、そう難しいことではありません。
 これを元に、シナリオソースが作れるからです。

 今回はこのあたりで、またの機会にこの情景を元にしたシナリオの構築でも行ってみましょう。

今日の一言(マイキャラソウジュ):
 「あらあら、私ん一言でえぇんでっしゃろか。せやねぇ、私も桜んお花は好きやよ? 同じようにも見えはるんやけど、よぅ見とぅとお人みたいんに ころころ変わらはるん。 お人もお花もせやけど、綺麗なもんやねぇ (にこにこ) せや、背後はんの代理ん一言なんやけど、最近一言やのぅなっとる気ぃしはるらしぅて (頬手添え」
  1. 2007/04/15(日) 21:25:18|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Sound Horizon】Elysionより ~Yield~

【サウンドホライズン】アルバム Elysion より、
 Yeild という曲をご紹介します。

 さて、このYeild紹介には理由がありまして…… 
 よく私のキャラクターである【キミ・マカブル】という子が歌っていることから、紹介しとくべかぁ……と相成ったわけです。

 曲の内容としては、中々に不明瞭。

 一人娘はせっせと種を蒔く 一人の娘? 一人娘?
 3-1+1-2の示すもの
 荒野に一人取り残されるのは?

 何より大切なのはそこにある意味でなく、その事実だけ、という事か……
 と、まぁそこについては今回は置いておきましょう。

 問題となるのは曲の性質ではなく、ただキャラとしての行動。
  とはいいつつも、やはり曲調や、大まかな流れぐらいは、と。

 バグパイプの音が何処か牧歌で心地よい、そんな曲です。
 ですが歌詞からすると……横恋慕?……もしかして、実の両親?などなど、
 サウンドホライズン曲としてみればとてもまっとう(?)な、ブラックな曲です。

「 恋心 甘い果実 真っ赤な果実
  もぎ取れないのなら刈り取れば良いと
  恋心 甘い果実 真っ赤な果実
  嗚呼...でもそれは首じゃないか… 」

 首っすか!刈り取っちゃいますか!?果実じゃないっす間違いすぎっす!
 
 ま、まぁ こんな曲です。

CDのほうが見つからないため、DVD版のご紹介~。


 本日の一言(マイキャラ:キミ談)
 「ふふふ・・・くすくすくす・・・甘い果実・・・あぁ、でもソレは?・・・くすくすくすくすくすくすくすくすくすくす・・・」
 『一人娘は・・・せっせと種を蒔く・・・変わらぬ過去に・・・訪れぬ未来に・・・(♪)』(にまー・・・大きな鎌ずるーずるー・・・


  
  1. 2007/04/09(月) 15:48:08|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Sound Horizon】Poca felicita

 今回お勧めのアルバムは Sound Horizon より

 【Poca Felicita】 

 Sound Horizonというのは元々同人音楽サークルから発展したもので、
 物語性の高い歌詞、組曲的な音楽形式を作風としています。

 今回紹介するのには理由があり、私自身が好き……ということもありますが、なによりも、

 TRPGシナリオ製作に使えるネタがふんだん!

 という点にあるでしょう。
 一応TRPGサイトですからね、はい。

 今回のこのアルバム ポカフェリ は、ガンスリンガーガールという漫画のイメージアルバムになっています。
 こちらはガンスリンガーガールのネタ、となってしまいますので、シナリオ製作使えるか、といえば疑問ですが……
 しかし、元々その世界観が“使える”ものですので問題はないでしょうはい!

 さて、イメージアルバム……ですが、漫画に出てきた台詞がそのまま、歌詞になっています。

 「凄い力持ちで 素手で人を殺せるんです」

 とか普通に歌詞に出てきます。
 漫画を読んでから曲を聴くのも、曲を聴いてから漫画を読むのも楽しめるかとかと!

 管理人的好み曲選別:
 Ⅰ『La ragazza col fucile』
 Ⅷ『La principessa del regno della pasta』



本日の一言(マイキャラ:クク談):
 「 音楽を好むのね。それは“普通”のことかしら? …… あたいには良くわからない。 でも、水の音は好きよ? 」
  1. 2007/04/09(月) 15:27:07|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リプレイ『深紅の雫』~1~

 さて、サプリメントという物の紹介を行おうと思っていたのですが、今回は少し雰囲気を変えまして“遊んでいる”雰囲気を感じていただこうかと。
 このような遊んでいる雰囲気を伝える手段の一つに【リプレイ】というものがあります。
 今回はその一つを、皆さんにご紹介したいかと。

 (N)と後に書かれているのがGM。つまり私の操るキャラクターです。
 今回出ていただいているキャラはシャルル、ゼフィー、バイル、シン、ジェオ、カーマインの6人。

 シナリオは『サウンドホライズン』という方々の歌を参考に組み立てました。
 さて、どのような展開になっていくのやら
__________________________

『深紅の雫』~1~

ナレーション (N) : さてでは・・・ 皆さんは銀の月灯り亭にて、仕事も無くただ漠然と時を過ごしています。あぶれた、というよりは皆さんの実力に会う仕事が少ないのが現状といったところですね。

シャルル : (珍しく剣の手入れ きこきこ)
バイル : 「ぐったり」
ゼフィー : 「 ふぅ。こういうときはお菓子作りしようっとv 」
シン : 「(優雅にお茶でも楽しんでいよう)」優雅ってすごい違和感だ 

 (GM注:優雅さ。ど……どこに?)

ジェオ : 「…(煙草。)  そろそろ煙草も買わないとな。」
ゼフィー : 「 ほらほらジェオ。タバコすいすぎると、体に悪いよ? 」
ジェオ : 「ン。   手持ちぶさたでな。 歌でも歌うか。」<煙草>ゼフィー
ゼフィー : 「 うん。そうしなよv 」>ジェオ

ジェオ : 歌唱! 2D6 → 2 + 1 + (6) = 9

 (GM注:歌唱は精神、というステータスのボーナス値を用い、それにバードのレベルを足して行うことができます……が!今回は雰囲気なので詳しい解説は除外!ようは数字大きいほうが有利です …… で、ジェオは9なわけですから……)

ナレーション (N) :流石にそれだと、……うむ。あんまり上手とは……(目反らし

シン : 「(・⊿・)」>ジェオ(の歌)
ジェオ : 「…げほんっ、  調子悪いな!」
ゼフィー : 「 ほらほら。あたいが踊るから。もう一度v 」にこにこ>ジェオ
ジェオ : 「…… 仕切直し 『物言わぬ冷たい石に 生命を灯らせる等と 俗人達が謳うのは 唯の驕りに過ぎぬ 』」 演奏~ 2D6 → 4 + 3 + (6) = 13
バイル : こっちも歌ってみようか ひらめ 2D6 → 5 + 5 = 10

ナレーション (N) : ちょ、Σ  歌唱しはじめた!?

ゼフィー : 「 あ、バイルも上手いねv 」 たんたんとステップ 2D6 → 5 + 4 + (4) = 13
バイル : 「まぁ、な(微笑)>上手い    うわぁ、自分でうぜえって思ってしまう

どっかの司書さん (N) : 「首を狩る姿 まさに風車 赤い髪を振り乱して (♪)」どっかの部屋で歌練習 2D6 → 6 + 6 = 12 
 (GM注:6ぞろ! 完全成功です。完璧です。超人技です。人間じゃありm(略))

シン : 完璧な歌が!  
ゼフィー : 6ゾロ! ついに!
バイル : どっかの司書さんwwww
シャルル : 極めたね・・・
カーマイン : 誰も聞いていないのが悔やまれるな。>シ○ビア
ジェオ : どっかのダブル:「……とうとう、きわめよったね…!」

(GM注:え、えぇ……このように、セッションとなんの関係もない事態が進行してしまう場合もあります。 注意しましょう!面白いからまぁいいのですが!ちなみに、このどっかの司書さんはGMのキャラで、シルビアといいます。普段はヘビメタなどしか歌わないのですが……どっかのダブルは、ジェオPLの別のキャラで、シルビアが妹のように可愛がっている子です)

ナレーション (N) :そ、そろそろ流れを戻しましょう……時刻はすでに夕刻を回り、斜陽に赤黒く染まる町並みは、どこか不吉で、寂しげでありながらも美しき一枚の絵図を作り上げています

アックス (N) : 「……(グラスきゅっきゅ」
ジェオ : 「………」(外眺めてる
カーマイン : 扉バンと開け 「店主、仕事はないか!」 
アックス (N) : 「仕事か……流石にこの時間だとな。今日の分はもうはけちまったな……(一応依頼書確認」
カーマイン : 「・・・・・それもそうか。」ふと思い出し。 夕闇迫ってるし。
バイル : 「あー、だり。  飯にすっか 飯(ぼりぼり)優雅に飯を食おう 
カーマイン : 「・・・・ふむ。 では、軽めの食事をお願いしよう。」>アックス
アックス (N) :「Bランチでいいか?ほらよ……(す、とカーマインに食事をだし」
シン : 「……おごってくれ」>バイル
バイル : 「アーアー  ん?飯食う?」>シン
シン : 「……うん」
バイル : 「あー、じゃー、しゃーないよなぁー  何食うよ? まぁ、いっか、とりあえず食うかw」

ナレーション (N) :では、皆さんがそうやってお食事タイムを満喫しておりますと……

女性 (N) : からん、と扉を開きながら一人の女性が入ってきますね。どこか垢抜けない風情を持っており、年齢にして24,5 といったところです

ゼフィー : 「 あ、いらっしゃいv 」 布をもってひらひらと踊りつつ
バイル : 「アーックス注m・・・ウェ?(そっち向く」>女性が入ってくる
ジェオ : 「……(歌いつつ)」
シャルル : 「(油が取れないわね・・・・)」(きこきこ
カーマイン : 「(おや? お客・・・ 仕事の依頼かな?)」ちら

女性 (N) : 「( 食事やら歌やら踊りやら剣砥いでたりな様子見て、きょとんっとしてる ) あの、ここは銀の月灯り亭・・・( 外看板みにもどり また中へ )ですよね?」

バイル : 「あぁ、そうだ。 どうしたんだい?(微笑みかける」>女性
カーマイン : 「間違ってはないぞ。」<月灯り亭?
ゼフィー : 「 ん、そうだよ。 今は暇を慰めてる ってとこかなv 」 ゆっくりと踊りをとめ>女性
シン : 「……ん? お客か」飯を逃した!

女性 (N) : 「あ、暇を・・・そうでしたか( 納得うなずき )あの、仕事をお願いしたくて・・( どうしたらいいんだろ、な表情)

カーマイン : 「仕事の依頼なら、奥の店主に、まず話すといい。」>女性

アックス (N) : 「すまんな(グラス拭く手止め)」>カーマイン
アックス (N) : 「こちらで話を聞きましょう……」
女性 (N) : 「え、はい。ありがとうございます(微笑み)」>カーマイン
ナレーション (N) : で、依頼内容を話はじめますが、内容を聞いてアックスは少し渋い顔をしていますね

ジェオ : (一曲終わって演奏止め)
カーマイン : ごにょごにょ話の最中は、離れた席に座って、食事でもしておく。
ジェオ : 「…楽器の手慣らしも全然してないし、歌ってもなかったからダメだなぁ」
ゼフィー : 「 ん。そんなことないよ。でも、それなら練習練習v 」
ジェオ : 「剣術の鍛錬にかまけてたから、なぁw」<楽器>ゼフィー

アックス (N) : 「隠し事をされると困るんだが……それに、あの村か……」(話の内容に悩むように顎に手を
女性 (N) : 「やっぱり、ダメですか・・・」

バイル : 「(ごろごろ) ってか、やっぱり腹減るよなぁ(ぬぼー)物食って無いと 声通るよな(とか関係ない話を振る)>ジェオ
ジェオ : 「食事をしないと喉が起きないからな」
バイル : 「んー、やっぱり飯かぁ まじでかぁw」
ゼフィー : 「 あはw バイル、なにか食べたいの? アップルパイなら在るよv 」
バイル : 「お、マジで あるの!?  やった♪ ください(妙に低姿勢)>ゼフィー
シン : 「ください」つ 手。 >ゼフィー
ゼフィー : 「 ほらほらw みんなの分あるよv 」アップルパイ切り分けて、さらに載せて渡す>バイル、シン
シン : 「……ありがと(はむはむ)」
カーマイン : 「・・・・・・・・(しばらく留守にしていたが、メンツはさほど変わってないな。)」もきゅもきゅ

アックス (N) : 「あの村についてならわかっている。隠し事に関しては大目に見るにしても、流石に依頼料がな……」
女性 (N) : 「そこを、何とかお願い、できませんか?(少し目潤み)

ゼフィー : 「 (こそ)  なんか、もめてるね 」こそこそ>バイル
バイル : 「うん? あぁ、そーみたいね  一体何を話してるやら」ぐてー
シャルル : 「(不倫相手と痴話喧嘩かしら・・・・)」 (ボーっと見ながらサラダもっしもっし
バイル : 「落ちるんじゃないか 落ちるんじゃないか?(にやにやしつつ)>目潤み
(GM注:不倫とか落ちるとか、んなこたぁありません……;)
カーマイン : 「・・・・・(あの女性が、シャルルか。噂には聞いていたが・・・。 ふむ、そして、先ほどの男がバイル。噂通りだな・・・・。)」

アックス (N) : 「……しかしなぁ(頭掻いてる)
女性 (N) : 「太陽の陽だまり亭でも断られて・・・他に頼れるところもないんです・・・」

ゼフィー : ちなみにアップルパイの出来 2D6 → 6 + 6 = 12
バイル : すっげえええええ
ゼフィー : なんとぉ! 完璧なアップルパイ!
シャルル : 輝く出来だw
ジェオ : さすが、ゼフィーw
カーマイン : 完璧。

ゼフィー : 「 ジェオも食べる? 」 アップルパイ渡し。
ジェオ : 「おお、サンキュw 美味そうだなw」>ゼフィー
バイル : 「・・・・・・・・・・・・おぉ   あの、その・・・  うまい、です(思わず敬語)
ゼフィー : 「 え。 そんな美味しかった? (わぁぃwww )>バイル
ゼフィー : 「 シャルルとカーマインも食べてねv 食後のデザートv 」 シャルルとカーマインのところにもおき
カーマイン : 「ん、ありがとう。 元気そうだな。」パイ受け取り>ゼフィー
ゼフィー : 「 ん。カーマインも元気そうだね(にこにこv )>カーマイン
シャルル : 「ゼフィー・・・ (甘いものダメなの、知ってたハズよね貴女・・・・)」^^;
ゼフィー : 「 話が長引いてるみたいだね。 これでも食べて、一休みしてみない? 」 アックスと依頼人女性のところにも、紅茶とアップルパイを持ってくる

女性 (N) : 「あ、美味しそう・・・ありがとうございます(にこり ぱく ほっとした表情)
アックス (N) : 「…………その依頼料で受ける奴がいるとも思えないが、それでいいなら(ふぅ・・・) おっと、すまんな。……話も終わった。仕事の話だ……聞くか?」

(GM注:こ、このように……下手に野放しにすると関係ない話で盛り上がります。えぇ、もう間違いなく。 GMは注意しましょう、というかGMはしっかり手綱を握りましょうOTL)

 さて、ここから仕事を受け、そしてそれに向かって困難に立ち向かいつつ進んでいくわけですが…… 今回は雰囲気だけなんとなくわかっていただければ!というのでこの当たりで終わります。
 次回はそのうち載せますので、お楽しみに!

【本日の一言】(マイキャラ:シルビア)
 「・・・歌は趣味でして。普段は読書を行っております。ホラー関連の書物が好みですね(眼鏡押さえ)
  1. 2007/04/07(土) 13:57:26|
  2. TRPG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルールブック紹介

 さてさて、一日もたたないうちに新しい記事に取り掛かりましょう!
 今回はTRPGのルールを扱っている書籍、ルールブックについて書いていこうと思います。

【ルールブック】
 ルールブック。つまりルール集な書籍です。
 TRPGは前回記しました通り、ルールがなければただのお喋り、言い合いで終わってしまいます。
 実際にはルールが無くても「そのキャラクターになりきる」という点だけでよければ、ルールなど必要ないともいえますが……

 ただ、やはりルールがあるからゲームになる。
 というわけで、そのルールや世界観が載っている書籍を幾つかご紹介していきましょう。

________________________

【ソード・ワールドRPG】
 管理人こと軽之契護が初めて触れたTRPGのルールブックがこれです。
 元祖、かどうかはわかりませんが、とてもファンタジー色に溢れた、RPGといったらこれかな?と予想しやすいものとなっています。
 エルフやドワーフ、勿論一般的な人間などの種族を選び、
 英雄見習いとしてファンタジー世界を冒険する冒険者となるシステムです。
 ゴブリンやオーク、ヴァンパイアやドラゴン。
 剣と魔法の世界を冒険したいならオススメできる一品といえるでしょう。
 
 ちなみに私は【TRPG遊戯会】というネットでTRPGが遊べる場所で、このシステムを用い遊んでおります。
 ただ、こちらは【グラード】という、このHPオリジナルの世界感ですので、試しにやってみたい方はこちらのチャットルームで、

 SW(ソードワールド)どころかTRPGすら初めてっす!
 いろいろ教えてもらいたいっす!

 といえば、心優しい方々がいろいろ手ほどきしてくれることでしょう。
 かるの、というハンドルネームの人がいたら宜しくお願いします!
 いやーほんと!   ……こほん。話がずれました。

 ちなみにこのグラードの特色は、若干科学が入り込んだファンタジー世界、という事でしょうか。
 マスケティアという古来の銃器があり、蒸気機関車も走っています。
 印刷技術も出来初めていますし、コボルトやゴブリンなど、本来敵として出てくるキャラクターもきちんと人権を持っている、という面白い世界です。
 時代としては、一次産業革命の頃合な風情、といえば分かりやすいでしょうか。
 ダークエルフ(もしくはカオエルフ、カカオエルフ)という、ソードワールドでは敵の、黒い肌を持つエルフもプレイ可能です。
 他にもグリィラルやボーンレット、フェアリーなど様々な種族があり、前述したマスケティア、パングアムなどの特殊な技能もあります。

ソード・ワールドRPG 完全版
進め!未来の大英雄―新ソード・ワールドRPGリプレイ集〈1〉

________________________

【ダブルクロス】
 時代背景は現代……その中で、超人となることのできるシステムです。
 本来の歴史と大差ありませんが、人々が知りえないその裏ではレネゲイドウィルス、と呼ばれるウィルスによる事件がおきています。
 そのウィルスは人々に寄生し、本来の状態であれば何事もなく暮らすことのできる代物です。

 ただ、それが活性、覚醒した場合、肉体が獣のように変質したり、身体を自由に変形できるようになったり、光りの屈折率を変えたり、
 他にも異常なまでの天才的な知恵を発揮したりなどできるようになります。

 混乱を避けるためこれは秘匿され、それを管理しているのがUGNという組織。
 その逆に、これを公にしようとしているテロ組織がFHという場所です。
 プレイヤーはこのUGNの人間、もしくは協力者となるわけです。

 このウィルスは超常の力を授けてくれ、それらはオーヴァード、と呼ばれる存在です。
 プレイヤーは皆このオーヴァードなわけですが、レネゲイドウィルスが活性化しすぎた場合、ジャームという化け物になってしまいます。
 理性を失い、自らの欲望に忠実になる、という大変な存在なわけです。

 目的としてはFHの活動の妨害、ジャーム化してしまったものの始末や拿捕などがメインになるでしょう。

 侵食率、という数値が設定され、これが高まりすぎるとプレイヤーのキャラクターはジャーム化してしまう……
 死の危険だけでなく、このジャーム化にも注意しなくてはならない。

 この何処か暗く、それでいて派手な戦いや、日常と非日常の対比などがとても面白いシステムです。

ダブルクロスThe 2nd Edition
ダブルクロス・リプレイ 闇に降る雪―Queen of Blue
ダブルクロス・リプレイ―聖夜に鳴る鐘 Dynast

________________________

 他にも地獄と繋がったアラビア世界で様々な事象を解決していく【ゲヘナ・アナスタシス】や、
 女神転生をTRPG化した【真・女神転生TRPG】
 FF6の世界観が思い起こされる【アルシャードFF】
 普通の人間となり、怪奇に挑むホラー【クトゥルフの呼び声】
 はちゃめちゃな世界で番長という特異能力者になり戦う【番長学園】
 などなどなど・・・

ゲヘナ―アナスタシス
アルシャードff
クトゥルフ神話TRPG
番長学園!!大吟醸

 TRPGと一言でいっても、様々なルールや、遊び方があります。
 今説明したシステムは、サイコロ(6面や10面)を使い遊ぶものですが、他にもトランプを用いる、サイバーパンクな世界観の【トーキョーNOVA】というものもあります。

トーキョーNOVA The Detonation

 もし、TRPGを知らず、興味が浮かんだかたは是非とも調べるか、こちらにご一報を!


 さらに……同じ大学の方!一緒に遊びましょう!
 初心者、未経験者歓迎三食はないけど昼寝つき!


【今日(?)の一言】(マイキャラ:ニッツ)
「 特にその・・・話すこともない、のですが・・・一緒に遊べる日が来るのを楽しみにしていますね(首元にかかる鎖をちゃり、と弄り 小さく微笑み」
 
  1. 2007/04/06(金) 19:56:56|
  2. TRPG
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

祝!開設!

いきなりのタイトルが祝!開設!
確かに【祝】、つまり祝いである事に間違いないのですが、
問題となるのが、……自分で【祝】ってつけてちゃ仕方ねぇ、という事でしょうか。

なんて事を言いながら、皆様こんにちは。
そして始めまして、ですね。
管理者こと軽之契護と申します。

ご挨拶は第一回目だというのにこれでさておき、ここで一応このブログについての詳細解説をば。

このブログはメールマガジンとの連動で作り上げていくものです。
残念ながら日記ではなく、そして更新もまた不定期。
タイトルには電大TRPG部、となっていますが、一応個人のもの、とお思いください。

さて、TRPGという言葉に見覚え、聞き覚えのある方もおられますでしょうが、一応ここで知らない方のために簡単な説明を。

【TRPG】略さずに記しますと、テーブルトークRPGといいます。
RPGというのは皆さんよくご存知の通り、そう、FF,DQに代表されるゲームのジャンルです。

本来このRPG、ロールプレイングというのは、役割を演じることでコミュニケーションの向上や、精神への治療などを行う、いわば心理学のツールの一つでした。

それにルールや背景設定その他もろもろを加え、ゲームがついて、ロールプレイングゲーム、RPGへと変わったわけです。

そして、現在あるRPG達の元祖、といえるのがこのTRPGなわけです。
DQやFFでは、主人公をプレイヤーが操り、困難(敵や謎、罠など)に立ち向かいゲーム目的を果たすことで楽しむものです。
TRPGも勿論、その点は変わりません。

ただし、TRPGの一番の特徴は、なんといってもこの困難や敵、町の人Aなどコンピュータが行う役目を、実際に人が行う、という点にあるといえるでしょう。

つまり、敵も町の人Aも、全てに人格が備わっているわけです。
例えば、普通のRPGの場合は……
___________________

「すいません!さっきこの町についたばっかで……いろいろお聞きしたいのですが……」

「ここはパラッパ村じゃよ」

「へ?あ、そ、そうですか……ご親切にどうも……。そういえば随分と騒がしいみたいですけど、何かあったんですか?」

「ここはパラッパ村じゃよ」

「あの、それはさっき……」

「ここはパラッパ村じゃよ」

「……」

「ここはパラッパ村じゃ「煩ぇぼけじじぃ」
__________________


と、まぁ普通のRPGであればこうなるところを、
TRPGの場合。つまり、人がコンピュータ役をやる場合は……

__________________

「すいません!さっきこの町についたばっかで……いろいろお聞きしたいのですが……」

「おんやぁ、こんな辺鄙なとこに良くきなすった!見ての通りのど田舎じゃけん、何しにきたん。観光つってもなぁんも見るとこねぇよ?」

「あ、いえ。実はその、こちらの村長さんに呼ばれまして。 村長さんのお宅はどちらに?」

「おぉおぉ、ミーグの爺様かぃ。あんた冒険者ん人かい?」

「えぇ……こちらで最近盗賊の被害が出ている、とか。 その割には随分と静か、ですね……」

「そりゃそだっぺ!盗賊もなーんも、こんな辺鄙なとこわっざわざ襲わねっぺよ」

「え? で、ですが……確かに依頼が……」

「あの爺様最近ぼけちまってなぁ……あんたで、ここきた冒険者さん達ぁ、これで5組めだぁ」

「そ、それ本当ですか?! まいったなぁ…… わかりました。とりあえず村長さんに一応お会いしてみます。場所はどちらに……」

「 それを聞きたければワシを倒してから行けぇえ!! 」

「いきなりキャラかわっとるぅうう!?」

__________________

と、このように“会話”が成り立つわけです。
勿論、戦闘や、例えば木から木に飛び移る行動、なんてことがあった場合、言葉だけでは、

「俺様最強!つよーい剣でぶったぎるから避けれねぇぜ!」
「ばっかお前、この敵は最強に最強くっつけた魔法とか超能力とか超常現象満載のすげぇ鎧きてんだ!きくかー!」

とか、言い合いになってしまいます。
そのようにならないため、コンピュータが普段管理していた【ルール】があり、サイコロ等のツールを使ってゲームを進めて行くわけです。

このコンピュータ役になる人が、それらルールやシナリオを把握し、ゲームを進めていく、という形になります。

まぁ、説明だけではわかり難い部分もあるでしょうが、概ねこのような雰囲気ですね。

ゲームのプレイ人数は4~6人ほど。
一人がGM。つまりコンピュータ役をやり、シナリオなどを用意します。
皆でわいわい言いながらテーブルを挟み、お菓子などを食べながらゲームをやる。
昔懐かしい、アナログなゲームの楽しみがここには沢山詰まっています。



と、いったところで今回はこのへんで。
次回はこのTRPGの種類。
つまり各ルールや世界観を扱ってる書籍についてご紹介していきます。
お楽しみにしていただけるかわかりませんが……お楽しみに!

【今日の一言】(マイキャラ:ミーニア談)
 「 輝くのです……もっと……もっと輝くのです!!(テーブル拭いてる」
  1. 2007/04/06(金) 18:16:09|
  2. TRPG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

軽之契護

Author:軽之契護
TRPGの紹介。
使えるツールやシナリオソース等など扱う
大学サークルページです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。