電大TRPG部~考察あれこれ~

大学のサークル活動記録や雑記、その他TRPGに関連したシナリオの考察や、キャラクター考察。他、話し言葉についてや、普段感じたことなどを書き記していく場所です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リプレイ『深紅の雫』~1~

 さて、サプリメントという物の紹介を行おうと思っていたのですが、今回は少し雰囲気を変えまして“遊んでいる”雰囲気を感じていただこうかと。
 このような遊んでいる雰囲気を伝える手段の一つに【リプレイ】というものがあります。
 今回はその一つを、皆さんにご紹介したいかと。

 (N)と後に書かれているのがGM。つまり私の操るキャラクターです。
 今回出ていただいているキャラはシャルル、ゼフィー、バイル、シン、ジェオ、カーマインの6人。

 シナリオは『サウンドホライズン』という方々の歌を参考に組み立てました。
 さて、どのような展開になっていくのやら
__________________________

『深紅の雫』~1~

ナレーション (N) : さてでは・・・ 皆さんは銀の月灯り亭にて、仕事も無くただ漠然と時を過ごしています。あぶれた、というよりは皆さんの実力に会う仕事が少ないのが現状といったところですね。

シャルル : (珍しく剣の手入れ きこきこ)
バイル : 「ぐったり」
ゼフィー : 「 ふぅ。こういうときはお菓子作りしようっとv 」
シン : 「(優雅にお茶でも楽しんでいよう)」優雅ってすごい違和感だ 

 (GM注:優雅さ。ど……どこに?)

ジェオ : 「…(煙草。)  そろそろ煙草も買わないとな。」
ゼフィー : 「 ほらほらジェオ。タバコすいすぎると、体に悪いよ? 」
ジェオ : 「ン。   手持ちぶさたでな。 歌でも歌うか。」<煙草>ゼフィー
ゼフィー : 「 うん。そうしなよv 」>ジェオ

ジェオ : 歌唱! 2D6 → 2 + 1 + (6) = 9

 (GM注:歌唱は精神、というステータスのボーナス値を用い、それにバードのレベルを足して行うことができます……が!今回は雰囲気なので詳しい解説は除外!ようは数字大きいほうが有利です …… で、ジェオは9なわけですから……)

ナレーション (N) :流石にそれだと、……うむ。あんまり上手とは……(目反らし

シン : 「(・⊿・)」>ジェオ(の歌)
ジェオ : 「…げほんっ、  調子悪いな!」
ゼフィー : 「 ほらほら。あたいが踊るから。もう一度v 」にこにこ>ジェオ
ジェオ : 「…… 仕切直し 『物言わぬ冷たい石に 生命を灯らせる等と 俗人達が謳うのは 唯の驕りに過ぎぬ 』」 演奏~ 2D6 → 4 + 3 + (6) = 13
バイル : こっちも歌ってみようか ひらめ 2D6 → 5 + 5 = 10

ナレーション (N) : ちょ、Σ  歌唱しはじめた!?

ゼフィー : 「 あ、バイルも上手いねv 」 たんたんとステップ 2D6 → 5 + 4 + (4) = 13
バイル : 「まぁ、な(微笑)>上手い    うわぁ、自分でうぜえって思ってしまう

どっかの司書さん (N) : 「首を狩る姿 まさに風車 赤い髪を振り乱して (♪)」どっかの部屋で歌練習 2D6 → 6 + 6 = 12 
 (GM注:6ぞろ! 完全成功です。完璧です。超人技です。人間じゃありm(略))

シン : 完璧な歌が!  
ゼフィー : 6ゾロ! ついに!
バイル : どっかの司書さんwwww
シャルル : 極めたね・・・
カーマイン : 誰も聞いていないのが悔やまれるな。>シ○ビア
ジェオ : どっかのダブル:「……とうとう、きわめよったね…!」

(GM注:え、えぇ……このように、セッションとなんの関係もない事態が進行してしまう場合もあります。 注意しましょう!面白いからまぁいいのですが!ちなみに、このどっかの司書さんはGMのキャラで、シルビアといいます。普段はヘビメタなどしか歌わないのですが……どっかのダブルは、ジェオPLの別のキャラで、シルビアが妹のように可愛がっている子です)

ナレーション (N) :そ、そろそろ流れを戻しましょう……時刻はすでに夕刻を回り、斜陽に赤黒く染まる町並みは、どこか不吉で、寂しげでありながらも美しき一枚の絵図を作り上げています

アックス (N) : 「……(グラスきゅっきゅ」
ジェオ : 「………」(外眺めてる
カーマイン : 扉バンと開け 「店主、仕事はないか!」 
アックス (N) : 「仕事か……流石にこの時間だとな。今日の分はもうはけちまったな……(一応依頼書確認」
カーマイン : 「・・・・・それもそうか。」ふと思い出し。 夕闇迫ってるし。
バイル : 「あー、だり。  飯にすっか 飯(ぼりぼり)優雅に飯を食おう 
カーマイン : 「・・・・ふむ。 では、軽めの食事をお願いしよう。」>アックス
アックス (N) :「Bランチでいいか?ほらよ……(す、とカーマインに食事をだし」
シン : 「……おごってくれ」>バイル
バイル : 「アーアー  ん?飯食う?」>シン
シン : 「……うん」
バイル : 「あー、じゃー、しゃーないよなぁー  何食うよ? まぁ、いっか、とりあえず食うかw」

ナレーション (N) :では、皆さんがそうやってお食事タイムを満喫しておりますと……

女性 (N) : からん、と扉を開きながら一人の女性が入ってきますね。どこか垢抜けない風情を持っており、年齢にして24,5 といったところです

ゼフィー : 「 あ、いらっしゃいv 」 布をもってひらひらと踊りつつ
バイル : 「アーックス注m・・・ウェ?(そっち向く」>女性が入ってくる
ジェオ : 「……(歌いつつ)」
シャルル : 「(油が取れないわね・・・・)」(きこきこ
カーマイン : 「(おや? お客・・・ 仕事の依頼かな?)」ちら

女性 (N) : 「( 食事やら歌やら踊りやら剣砥いでたりな様子見て、きょとんっとしてる ) あの、ここは銀の月灯り亭・・・( 外看板みにもどり また中へ )ですよね?」

バイル : 「あぁ、そうだ。 どうしたんだい?(微笑みかける」>女性
カーマイン : 「間違ってはないぞ。」<月灯り亭?
ゼフィー : 「 ん、そうだよ。 今は暇を慰めてる ってとこかなv 」 ゆっくりと踊りをとめ>女性
シン : 「……ん? お客か」飯を逃した!

女性 (N) : 「あ、暇を・・・そうでしたか( 納得うなずき )あの、仕事をお願いしたくて・・( どうしたらいいんだろ、な表情)

カーマイン : 「仕事の依頼なら、奥の店主に、まず話すといい。」>女性

アックス (N) : 「すまんな(グラス拭く手止め)」>カーマイン
アックス (N) : 「こちらで話を聞きましょう……」
女性 (N) : 「え、はい。ありがとうございます(微笑み)」>カーマイン
ナレーション (N) : で、依頼内容を話はじめますが、内容を聞いてアックスは少し渋い顔をしていますね

ジェオ : (一曲終わって演奏止め)
カーマイン : ごにょごにょ話の最中は、離れた席に座って、食事でもしておく。
ジェオ : 「…楽器の手慣らしも全然してないし、歌ってもなかったからダメだなぁ」
ゼフィー : 「 ん。そんなことないよ。でも、それなら練習練習v 」
ジェオ : 「剣術の鍛錬にかまけてたから、なぁw」<楽器>ゼフィー

アックス (N) : 「隠し事をされると困るんだが……それに、あの村か……」(話の内容に悩むように顎に手を
女性 (N) : 「やっぱり、ダメですか・・・」

バイル : 「(ごろごろ) ってか、やっぱり腹減るよなぁ(ぬぼー)物食って無いと 声通るよな(とか関係ない話を振る)>ジェオ
ジェオ : 「食事をしないと喉が起きないからな」
バイル : 「んー、やっぱり飯かぁ まじでかぁw」
ゼフィー : 「 あはw バイル、なにか食べたいの? アップルパイなら在るよv 」
バイル : 「お、マジで あるの!?  やった♪ ください(妙に低姿勢)>ゼフィー
シン : 「ください」つ 手。 >ゼフィー
ゼフィー : 「 ほらほらw みんなの分あるよv 」アップルパイ切り分けて、さらに載せて渡す>バイル、シン
シン : 「……ありがと(はむはむ)」
カーマイン : 「・・・・・・・・(しばらく留守にしていたが、メンツはさほど変わってないな。)」もきゅもきゅ

アックス (N) : 「あの村についてならわかっている。隠し事に関しては大目に見るにしても、流石に依頼料がな……」
女性 (N) : 「そこを、何とかお願い、できませんか?(少し目潤み)

ゼフィー : 「 (こそ)  なんか、もめてるね 」こそこそ>バイル
バイル : 「うん? あぁ、そーみたいね  一体何を話してるやら」ぐてー
シャルル : 「(不倫相手と痴話喧嘩かしら・・・・)」 (ボーっと見ながらサラダもっしもっし
バイル : 「落ちるんじゃないか 落ちるんじゃないか?(にやにやしつつ)>目潤み
(GM注:不倫とか落ちるとか、んなこたぁありません……;)
カーマイン : 「・・・・・(あの女性が、シャルルか。噂には聞いていたが・・・。 ふむ、そして、先ほどの男がバイル。噂通りだな・・・・。)」

アックス (N) : 「……しかしなぁ(頭掻いてる)
女性 (N) : 「太陽の陽だまり亭でも断られて・・・他に頼れるところもないんです・・・」

ゼフィー : ちなみにアップルパイの出来 2D6 → 6 + 6 = 12
バイル : すっげえええええ
ゼフィー : なんとぉ! 完璧なアップルパイ!
シャルル : 輝く出来だw
ジェオ : さすが、ゼフィーw
カーマイン : 完璧。

ゼフィー : 「 ジェオも食べる? 」 アップルパイ渡し。
ジェオ : 「おお、サンキュw 美味そうだなw」>ゼフィー
バイル : 「・・・・・・・・・・・・おぉ   あの、その・・・  うまい、です(思わず敬語)
ゼフィー : 「 え。 そんな美味しかった? (わぁぃwww )>バイル
ゼフィー : 「 シャルルとカーマインも食べてねv 食後のデザートv 」 シャルルとカーマインのところにもおき
カーマイン : 「ん、ありがとう。 元気そうだな。」パイ受け取り>ゼフィー
ゼフィー : 「 ん。カーマインも元気そうだね(にこにこv )>カーマイン
シャルル : 「ゼフィー・・・ (甘いものダメなの、知ってたハズよね貴女・・・・)」^^;
ゼフィー : 「 話が長引いてるみたいだね。 これでも食べて、一休みしてみない? 」 アックスと依頼人女性のところにも、紅茶とアップルパイを持ってくる

女性 (N) : 「あ、美味しそう・・・ありがとうございます(にこり ぱく ほっとした表情)
アックス (N) : 「…………その依頼料で受ける奴がいるとも思えないが、それでいいなら(ふぅ・・・) おっと、すまんな。……話も終わった。仕事の話だ……聞くか?」

(GM注:こ、このように……下手に野放しにすると関係ない話で盛り上がります。えぇ、もう間違いなく。 GMは注意しましょう、というかGMはしっかり手綱を握りましょうOTL)

 さて、ここから仕事を受け、そしてそれに向かって困難に立ち向かいつつ進んでいくわけですが…… 今回は雰囲気だけなんとなくわかっていただければ!というのでこの当たりで終わります。
 次回はそのうち載せますので、お楽しみに!

【本日の一言】(マイキャラ:シルビア)
 「・・・歌は趣味でして。普段は読書を行っております。ホラー関連の書物が好みですね(眼鏡押さえ)
スポンサーサイト
  1. 2007/04/07(土) 13:57:26|
  2. TRPG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【Sound Horizon】Poca felicita | ホーム | ルールブック紹介>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karunok.blog99.fc2.com/tb.php/3-1e6703da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

軽之契護

Author:軽之契護
TRPGの紹介。
使えるツールやシナリオソース等など扱う
大学サークルページです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。